メインコンテンツに移動
第27回機械要素技術展

 

YKK、めっき技術の環境負荷大幅低減をLCA調査にて立証

YKK( https://www.ykk.co.jp/japanese/ )が開発した、従来のめっき薬品を一切使用せず、シアン、クロム、セレン等の有害物質を100%除去したブラス材向け新めっき技術 AcroPlating® が、サステナビリティコンサルティング会社Peterson Projects B.V.によるライフサイクルアセスメント(LCA)調査にて、「主に熱エネルギー使用、温室効果ガス排出および汚泥排出において、環境負荷低減への利点がある」との結果を得た。

 従来のめっきは、製造工程でシアンやクロム等の環境に有害な物質を含む薬品を使用するほか、大量の水や電気を使用するなど環境負荷への対応が課題となっていた。YKKが開発した AcroPlating® は、従来のめっき薬品を一切使用せず、シアン、クロム、セレンといった有害物質を製造工程から完全に排除することに成功した。これにより、有害物質による環境負荷をなくしたほか、製造工程で排出される温室効果ガスの96%削減、水使用量の66%削減、消費電力の69%削減を実現した。

 YKKでは2019年にAcroPlating®を開発し、同年より本技術を使用したファスナー(スライダー)とスナップ・ボタンを販売開始している。スナップ・ボタンにおいては、2020年4月にPeterson Projects B.V.によるLCA調査を実施しており、今回のファスナーにおけるLCA調査結果を受け、ファスナーとスナップ・ボタンの両商品で、AcroPlating®が環境負荷を大幅に低減することが示された。

ko21062301
AcroPlatingを処理したスライダー
ko21062302
AcroPlatingを処理したスナップ・ボタン