メインコンテンツに移動

メカニカル・サーフェス・テック2021年2月号 特集「めっき処理」「フッ素樹脂コーティング」2/25に発行

 

mst2102表紙s 表面改質&表面試験・評価技術の情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」の2021年2月号 特集「めっき処理」「フッ素樹脂コーティング」が当社より2月25日に発行される。

  今回の特集「めっき処理」では、従来技術の代替として耐食性および耐水素脆化特性に優れるZn-Ni-SiO2複合めっきの可能性について、樹脂製自動車部品を高級感ある見た目に変える装飾めっきの市場・技術動向について、東京都立産業技術研究センターにおけるめっきの評価技術の動向と代表的な評価技術について紹介する。また、特集「フッ素樹脂コーティング」では、撥水・撥油性を示すフッ素系高分子コーティング剤の技術とその用途事例について、フッ素樹脂系塗膜の概要と適用事例、その性能を支える試験・評価技術について、熱溶着によるフッ素樹脂コーティングの概要と金型・熱板への適用について紹介する。

ニュースヘッドライン

 ヤマシタワークス(http://www.yamashitaworks.co.jp/)は、本社のある兵庫県尼崎市の医療従事者への寄付など、新型コロナウイルス感染症対策への様々な取組みが評価され、稲村和美・尼崎市長から表彰状を授与された。

 日本鋳造工学会 東海支部 非鉄鋳物研究部会は3月12日、「第137回研究部会」をWEB ミーティング形式で開催した。今回は「金型の表面処理技術-新化―」をテーマに4件の講演と総合討議がなされた。

 サーフテクノロジーはこのほど、NSF-H1適合の食品機械用フッ素系ドライ潤滑剤「サーフスプレー」の製造・販売を開始した。独自の微粒子投射技術「マイクロディンプル®(MD®)処理」との併用により滑り性が向上し効果が持続、未処理のsus304に比べて50倍以上の寿命延長を実現できる。