メインコンテンツに移動

メカニカル・サーフェス・テック2021年10月号 特集「自動車の表面改質」「ショットピーニング」10/25に発行

mst2110表紙s 表面改質&表面試験・評価技術の情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」の2021年10月号 特集「自動車の表面改質」「ショットピーニング」が当社より10月25日に発行される。

 今回の特集「自動車の表面改質」では、カーボンニュートラルにおけるトライボロジーの重要性について、商用車エンジンの炭素鋼窒化処理部品における化合物層がねじり疲労強度に及ぼす影響について、自動車内外装部品で適用されている電気めっきのシミュレーションについて、自動車で適用されているドライコーティングの事例について紹介する。

 また、キーテク特集「ショットピーニング」においては、人工関節の骨頭用材料として代表的なCo-Cr合金に対して疲労強度向上を目的にショットピーニングを行った事例について、SCM420ガス浸炭材を被処理材として汎用投射材である粉末ハイス投射材と高硬度を有する投射材を用いたショットピーニングの比較について紹介する。

ニュースヘッドライン

 サーフテクノロジーは、独自の微粒子投射処理「マイクロディンプル処理®(MD処理®)」を施した各種の基材について、ISO 21702に則り抗ウイルス性能評価試験を実施した結果、新型コロナウイルスを不活性化する効果が得られることを確認した。

 日本分析機器工業会と日本科学機器協会は11月8日~10日、千葉市美浜区の幕張メッセ 国際展示場で、分析機器・科学機器の総合展示会「JASIS2021」を開催した。今年は昨年に引き続き、リアル展示会に加えてWeb展示会「JASIS WebExpo®」(11月8日~2022年3月15日)を強化、会場へ行けなかったときでもJASISの特別企画・出展企業コンテンツの一部を見られるように工夫した。リアル展示会は、270社・機関、872小間の出展と「新技術説明会」、「JASISトピックスセミナー」の講演が多数催された。リアル展示会への来場者は8490名(昨年7299名)、新技術説明会の聴講者数は4813名(同5869名)だった。

 日本表面真空学会(JVSS)は日本学術会議と共催で2022年9月11日~16日の6日間、札幌市の札幌コンベンションセンターで「第22回真空に関する国際会議(The 22nd International Vacuum Congress:IVC-22)」(URL:https://ivc22.org/、実行委員会Chair:東京大学・福谷克之氏)を開催する。