メインコンテンツに移動

メカニカル・サーフェス・テック2021年6月号 特集「金型の表面改質」「窒化処理」6/25に発行

mst2106表紙s 表面改質&表面試験・評価技術の情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」の2021年6月号 特集「金型の表面改質」、キーテク特集「窒化処理」が当社より6月25日に発行される。

 今回の特集「金型の表面改質」では、工具鋼・ステンレス鋼型材への低温プラズマ窒化の適用について、様々な金型に適したドライコーティングの概要について、塑性加工・熱処理シミュレーションソフトの概要と活用事例について、日本鋳造工学会東海支部で発表された金型の表面改質技術について紹介する。

 また、キーテク特集「窒化処理」においては、大気圧下でのプラズマ窒化法と小型部品を大量処理可能な回転式プラズマ窒化法などについて、ガス窒化・軟窒化処理における雰囲気制御システムの概要と炭素鋼S45Cへの適用事例について紹介する。

ニュースヘッドライン

 レスカ( https://www.rhesca.co.jp/ )は、自社が製造・販売する試験・測定機器を用いてスクラッチ試験、摩擦摩耗試験、摺動型はく離強度試験などの受託測定サービスを開始した。

 ニッチュー( https://www.blast.co.jp/ )は、福島県いわき市にブラスト装置の製造やブラストの受託加工を行う「いわき工場」を新設、このほど操業を開始した。

 日本トライボロジー学会(JAST)はこのほど、「2020年度日本トライボロジー学会賞」の受賞者を発表した。表面改質関連では、以下のような受賞があった。